チラシを作ってみました!!
欲しい方はmikawakkopt★gmail.com(★を@に変換)まで頂ければ無料でお送りします!

10:2東京チラシ


ついに東京で開催します!

仮説検証セミナー。

★お申し込みは記事の最後にあります★
(または↑をクリック)


今回のテーマは
「片麻痺の座位姿勢の仮説検証能力を磨く!」です。

片麻痺の方にとって座位姿勢は、
立位保持が困難な方にとっては、日常生活の中で過ごす時間が長く、ADLにおいても食事、更衣、さらには移動(車いす駆動)と動作遂行の上でも重要な姿勢となります。
 


また立位や歩行の獲得のためにも、座位姿勢における体幹・下肢の姿勢制御能力は重要です。



今回のセミナーでは
立位や歩行、また座位でのリーチング動作につながるための座位姿勢の獲得を目標に講義・実技を行っていきます。


・「ただ、転ばずに座っていられれば良い」という座位保持自立

・「より適切な麻痺側の上下肢の参加」を促しながらの座位保持の自立

自立度としてはどちらも"自立"です。
でもその方が、自宅や施設などに行った後に、麻痺側の動きや活動、参加をより拡大できる可能性を持っているのはどちらでしょうか?

もちろん前者を選択しなければならないこともあります。でもできることなら、潜在能力を少しでも引き出し、後者の関わりができたらと私は思っています。





当日は、
実際の臨床場面の提示
その場での参加者を被験者としたデモ
参加者グループでの実技の練習

を通じて、


知識だけをインプットするのではなく、
参加者それぞれが自分の身体を通じて
感じ、そして実践のための目や手、身体の使い方を学ぶ機会にしたいと思います!


このような方は是非、ご参加ください!

☑︎ 座位姿勢をどこを見て、どう考えたら良いか分からない

☑︎ 患者さんに触れた際、何を感じ、何をしたら良いか分からない

☑︎ 座位での訓練が、日常生活動作に汎化しない

☑︎ 介入後変化はあるも、その反応が良いのか悪いのか判断できない

☑︎ 実際に自分の身体でハンドリングされる感覚を経験したい!


経験年数は関係ありません!学びたい、今の職場ではなかなかアドバイスをくれる先輩がいない、一人では勉強がなかなかできない、違った視点を学んでみたい!そんな方は遠慮なくご参加ください!



前回のセミナー参加者の感想です!
↓↓↓
仮説検証セミナーの参加者のご感想



【テーマ】

片麻痺の座位姿勢の仮説検証力を磨く
ー座位の評価・介入の実践力を高めるー

【内容】
・片麻痺患者の座位姿勢の特徴と問題
・座位姿勢における上肢・体幹・下肢の役割と観察におけるポイント

・姿勢制御と筋膜の関係
・身体・運動の認識と運動学習のためのポイント
・実際の片麻痺の方の臨床場面の提示と評価・介入の解釈
・座位姿勢の評価・介入のデモと実技練習


【参加費】
12800円
ペアでお申し込みの方は9800円


【参加人数】
30名(先着順)



【対象】

片麻痺の方に関わるPT,OT,ST
テーマにご興味のあるセラピストの方

【会場】
タワーホール船掘 303号室
〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1
・新宿駅より「都営新宿線」にて本八幡方面へ約30分。船堀駅下車、徒歩約1分。
・東京駅より「JR総武快速線」馬喰町駅にて乗換。馬喰横山駅から「都営新宿線」で船堀駅下車、徒歩約1分。

【申し込み】
以下の申し込みフォームへ内容を記載、送信してください!
https://pro.form-mailer.jp/fms/76096245103985(クリック)




関東近郊の皆様、是非一緒に仮説検証能力を高めましょう!!


image




愛知セミナーの模様です!

実際にデモをしながら、評価のポイントや現象の解釈、そしてその場で介入しながら、変化を参加者の皆さんと共有していきます!