image



Presentation(プレゼンテーション)は、

ウィキペディア先生によりますと

情報伝達手段の一種で、聴衆に対して情報を提示し、理解・納得を得る行為を指す。 略してプレゼンとも呼称される。


ということらしいです。




でも納得してくれるだけじゃダメなんですね。


行動が変わらないと。




ダイエット番組を見て、


「あーーー私もダイエットしなきゃな(^^)」


じゃダメなんですね。



そこには何が足りないんでしょうか?


頭でダイエットの必要性をもう嫌というほど分かっているのに、なぜ始めないんでしょうか?


やる気が出ない?
でも美味しいスイーツ店を探し、並ぶほどのやる気は存在する。


時間がない?
でもダイエット番組を見る時間は存在する。


まぁ簡単に言えば

ダイエット <<< スイーツやテレビ


という関係性が壊れていないんですね。


ある対象に向けた
勉強会や
自社のサービスや商品の宣伝やチラシなどは

その勉強会でレベルアップしてもらう
自社のサービスや商品を買ってもらう

という行動の目標が存在しますよね。




要は、

相手に
勉強会の内容や売りたいサービス・商品が

いかにメリットがあるか?

を感じてもらわないといけないんですね。



Presentation


は相手へのプレゼントです。


あげた方が自己満足に浸るものではなく、

受け取った方が喜んだり、びっくりしたり、感動したりと心が動かされて、初めて良いプレゼントですよね。



どうしたら相手(勉強会の参加者やチラシを見る人)が喜ぶのか?何を欲しているのか?何に困っているのか?を考えないといけません。



そしてどうしたら行動が変わるよう導けるのか?
の道筋を考え、伝える。どうしたらより伝えるかを考える。



プレゼンテーションをすることは簡単です。でも結果が伴わないのは上記のことが原因かもしれません。


ちなみに患者さん利用者さんへの説明や介入も同様ですよね。


相手がメリットがよく分からない(これは何の意味があるのか?)状態で、自主トレをしてくれるはずもありません。


相手の立場に立つ、立とうとする。

この視点がないとプレゼンもリハもうまく行きません。



宣伝ですが、
今週10/13(木)に名古屋で
資料デザインについてのナイトセミナーを開催します。
時間は19:15〜20:45(開場19:00)です。

詳細・申込は以下のURLから
↓↓↓
http://www.yorisoiya.net/information/504/


ご興味のある方は是非どうぞ★