必要とされるセラピストになるために-Bridge小松の臨床感とセミナー案内

愛知県在住の理学療法士。患者さんの立場に立てるセラピストを増やそうと奮闘中。訪問でのリハビリに従事しながら、姿勢・動作分析、ハンドリング、脳卒中のリハビリなどでセミナー講師としても活動しています。

2015年11月

↑このページのトップヘ